トップページへ
| HOME | 質問掲示板 | 壁紙掲示板 | 用語集 | FAQ | リンク集 | うpろだ |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

TimeMachine v0.1 


TimeMachine は、Pandora Battery を使用して、過去の FW と CFW を MS から起動するツールです。 DevHook に似ていますが、Pandora Battery を使用してカスタム IPL から起動するところが異なります。また、flash や NAND の IPL が破損している本体からも起動することが可能です。
異なる FW で自作アプリのテストをしたいときなどに役立ちます。

<機能>
  • 公式 FW1.50 の起動 (PSP-1000 用)
  • 3.40 のハードウェアモジュールを混合した FW1.50 の起動 (PSP-1000、2000 両用)
  • CFW3.40OE-A の起動 (PSP-1000 用)
  • CFW3.60M33 の起動 (PSP-2000 用)


<必要なもの>
  • CFW2.71SE 以上導入済みPSP
  • Pandora Battery
  • Time Machine v0.1
  • FW1.503.40 のアップデータ(EBOOT.PBP)
  • 360.PSAR (CFW3.60M33 導入済み PSP で作成します。方法は後述。)
CFW2.71SE 以上であれば Time Machine インストーラーの実行はできますが、PSP-2000 の場合、TimeMachine を使用するには CFW3.90M33-2 以上である必要があります。


<導入方法>
、DL した Time Machine v0.1 を解凍します。
timemachine_0.1/
 ├ 360DUMPER/
 ├ TIMEMACHINE/
 ├ leeme.txt
 └ readme.txt


TIMEMACHINE フォルダを ms0:/PSP/GAME/ にコピーします。

、FW1.50、3.40 のアップデータをそれぞれ 150.PBP340.PBP とリネームし、MS の ROOT フォルダにコピーします。

360.PSAR を作成し、MS の ROOT フォルダにコピーします。
ms0:/
 ├ PSP/
 │ └ GAME/
 │   └ TIMEMACHINE/
 ├ 150.PBP
 ├ 340.PBP
 └ 360.PSAR


360.PSAR の作成】
FW3.60 は PSP-2000 の初期本体に搭載されて出荷されたため、アップデータが存在しません。ゆえに、CFW3.60M33 導入済みPSPから生成する必要があります。
360DUMPER を ms0:/PSP/GAME/ にコピーし、CFW3.60M33 が導入されたPSPで XMB のゲーム項目から 360DUMPER を起動すると、360.PSAR が生成されます。
以下のようなサイズ、ハッシュ値となります。
Size: 18189502 bytes.
MD5: EAA13343C70D9B0337C75B295474C69A


、XMB のゲーム項目から TimeMachine インストーラーを起動します。


、メニュー画面が表示されるので、それぞれを ×ボタンで実行します。


Install iplloader on PSP MS boot sector
MS のブートセクタに TimeMachine IPL Loader をインストールします。

IPL Loader は非常にサイズが小さく、mspformat を必要としません。ただし、一部の MS では必要な場合があります。その場合は、事前に mspformat を実行してください。

この作業は必ず実行する必要があります。
実行すると、ms0:/TM/ にキー設定ファイル config.txt が作成されます。Time Machine IPL Loader は マルチローダーであり、ms0:/TM/config.txt を編集することで起動する FW を切り替えることができます。


Convert Pandora/DC1-4 ipl into TM format
Pandora's Battery Tool やDCv1~4 を TimeMachine から起動できるように Pandora's Battery Tool やDCv1~4 の起動用 IPL である msipl.bin を TimeMachine 用に変換します。

実行には msipl.bin を MS の ROOT フォルダに配置しておく必要があります。実行後、変換された IPL はリネームされて ms0:/TM/ に pandora.bin として配置されます。


Install 1.50 (PHAT)
公式 FW1.50 を MS にインストールします。

実行には MS の ROOT フォルダに 150PBP を配置しておく必要があります。


Install 1.50 with 3.40 hw modules (PHAT&SLIM)
3.40 のハードウェアモジュールを混合した FW1.50 を MS にインストールします。

実行には MS の ROOT フォルダに 150.PBP340.PBP360.PSAR をそれぞれ配置しておく必要があります。


Install 3.40 OE (PHAT)
CFW3.40OE-A を MS にインストールします。

実行には MS の ROOT フォルダに 150.PBP340.PBP をそれぞれ配置しておく必要があります。


Install 3.60 M33 (SLIM)
CFW3.60M33 を MS にインストールします。

実行には MS の ROOT フォルダに 360.PSAR を配置しておく必要があります。


各項目を実行すると、書き込みが始まります。終了すると、画面に "Press X to return to main menu" と表示されるので、×ボタンを押して、メニュー画面に戻ります。Exit で XMB に戻ります。
Install iplloader on PSP MS boot sectorConvert Pandora/DC1-4 ipl into TM format
Install 1.50 (PHAT)Install 1.50 with 3.40 hw modules (PHAT&SLIM)Install 3.40 OE (PHAT)Install 3.60 M33 (SLIM)




<使用方法>
インストーラーを実行した MS を PSP に挿入し、任意のボタンを押しながら Pandora Battery を装着します。
押すボタンにより、それぞれの対応した FW を起動します。デフォルトでは以下のように設定されています。

×ボタン ・・・公式 FW1.50 の起動 (PSP-1000 用)
○ボタン ・・・3.40 のハードウェアモジュールを混合した FW1.50 の起動 (両用)
△ボタン ・・・CFW3.40OE-A の起動 (PSP-1000 用)
□ボタン ・・・CFW3.60M33 の起動 (PSP-2000 用)
十字キー↑ ・・・Pandora's Battery Tool または DCv1~4 の起動
無し ・・・PSP 本体の NAND から読み込み通常起動


ms0:/TM/config.txt には以下のように記述されており、これを編集することで起動する FW を変更できます。
CROSS = "/TM/150/ipl.bin";
CIRCLE = "/TM/150_340/ipl.bin";
TRIANGLE = "/TM/340OE/ipl.bin";
SQUARE = "/TM/360M33/ipl.bin";
UP = "/TM/pandora.bin";



■公式 FW1.50
×ボタンで PSP-1000 のみ起動できます。



■3.40 のハードウェアモジュールを混合した FW1.50
○ボタンで PSP-1000 でも 2000 でも起動でき、PSP-2000 で 1.50 カーネルを要求する自作アプリを起動させることができます。PSP-2000 の場合は、CFW3.90M33-2 以上である必要があります。


問題点
  • XMB のメディア(ミュージック、ビデオ)が正常動作しない。
  • ビデオデコードに問題があり、PSP-2000 では pmf ファイル(pmf ビデオ、gameboot 等)が正常に再生できない。
  • HOME ボタンで 自作アプリまたはゲームを終了すると、画面にランダムな色が表示される不具合が発生する。
  • PSP-2000 で USB 接続すると、製品 ID が異なるために新しいデバイスとして認識される。
  • 無線LANは使用できるが、省電力モードをオフにする必要がある。また、手動で IP アドレス、DNS アドレス設定する必要がある。WPA は使用できない。
  • 3.40 からハードウェアモジュールを使用しているため、FW1.50 用自作アプリのいくつかは起動できなかったり、クラッシュすることがある。



■CFW3.40OE-A
△ボタンで PSP-1000 のみ起動できます。



■CFW3.60M33
□ボタンで PSP-2000 のみ起動できます。CFW3.90M33-2 以上である必要があります。




その他
  • CFW3.40OE-A の重大なバグは修正済み。
  • TA-086 基板での輝度問題は修正済み。
  • どの FW を起動していても最大輝度レベル4が使用できる。
  • 8GB のメモリースティックでも使用できる。
  • 公式 FW1.50 と 1.50+3.40hw でも kxploited されていないアプリが起動できる。
  • 内蔵 flash への USB 接続は動作しない。



  • TimeMachine では IDStorage だけは NAND から読み込んでおり、それ以外の IPL と flash ファイルは、MS から読み込んでいます。将来的には IDStorage も MS から読み込ませるよう計画しているとのことです。
    また、その他のバージョンの CFW に関しても今後対応するようです。

  • PSP-2000 用の 1.50 Kernel addon はハードウェア的に作成が不可能なようです。そのため、PSP-2000 で 1.50 カーネルを要求する自作アプリを動作させるときには TimeMachine を重宝すると思います。
[ 2008/09/23 00:46 ] Pandora | TB(0) | CM(16)
読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!
[ 2008/09/27 12:10 ] [ 編集 ]
1.50と3.40を
PSP2000でやってみたんですが
Error read 150 PBP と出ました。
これはどうしたらいいのですか。
ためしに3.60M-33をやってみると
うまくいったんですが□押しながら電源入れても
導入されません。(ジグキックは装着してあります)
使用VERは5.00M33-6です。
[ 2009/03/15 00:55 ] [ 編集 ]
>kkkさん
1.50のアップデータが150.PBPにリネームされて配置されているか確認してください。
とりあえずMSをフォーマットして、その後もう一度作り直してみてはどうでしょうか?
[ 2009/03/15 07:14 ] [ 編集 ]
150.PBP はちゃんとリネームしていました
MSのフォーマットをしてみても
以前と何もかわりませんでした
3.60M33はうまくいったといいましたが
そのあと、バッテリーはひとつしか用意していないので
Time Machineの後、Ultra Pandora Installerで
バッテリーをジグキック化してからVHSで電源を落として導入しようとしたんですが、これもよくないのでしょうか。


[ 2009/03/15 20:54 ] [ 編集 ]
Time Machineのほうではやっとうまくいきました
その後○ボタン押しながら電源入れても
1.50が導入されません。
バッテリーはちゃんとジグキックにしてあります。
[ 2009/03/22 23:27 ] [ 編集 ]
使用PSPの基盤がTA-85-v2でしたバッテリー作成しても無駄だったんですね。
で、パンドラバッテリー(1000,2000両用)を入手したんですが、
インストールを実行してXMBに戻ったら、その後どうしたらいいですか。
充電は必要ですか。
もし必要で充電が完了すればその後どうしたらいいのですか。
質問攻め&長文すみません。
[ 2009/03/29 15:09 ] [ 編集 ]
>kkkさん
充電は好きなようにしてください。
ホットキーを押しながらJigkick Batteryを入れればいいと思います。
[ 2009/03/29 15:39 ] [ 編集 ]
それでもできませんでした。
通常起動すらできません。
バッテリーを入れても電源ランプ
がつくだけなのです。
[ 2009/03/29 16:33 ] [ 編集 ]
>kkkさん

>バッテリーを入れても電源ランプがつくだけなのです。
明らかにMMSの作成失敗です。
mspformatはしましたか?またMSはMS PRO Duoを使用していますか?
TimeMachine IPLは非常にサイズが小さく、基本的にmspformatをする必要はありませんが、一部のMSだと必要な場合があります。
[ 2009/03/29 16:49 ] [ 編集 ]
そうですか。
やってみようと思います。
SANDISKの4GB使用です。ただ、偽物かもしれないのです。
(今まで特に問題なかったです。)
[ 2009/03/29 17:15 ] [ 編集 ]
>kkkさん
偽物だったら読み書きの速度が遅いので無理かもしれませんね。
XMBで、MSの情報を見て、MagicGateが不明となっていたら間違いなく偽物です。
[ 2009/03/29 18:04 ] [ 編集 ]
はい、その方法で偽物と分かっていたんですが。
量売のための外箱なしのヤフオク品だったんで
[ 2009/03/29 19:48 ] [ 編集 ]
ああ!成功しました。
msがMMSではありませんでした。
[ 2009/03/29 22:41 ] [ 編集 ]
DQ様本当にありがとうございました。
こんな一人連コメに付き合っていただいて。
[ 2009/03/29 22:44 ] [ 編集 ]
Install 1.50 with 3.40 hw modules (PHAT&SLIM)
をやって成功したんですが○ボタンを押しながら起動しても1.50が起動できません・・。
どうすればいいんですか??
PSP2000のバージョンは5.00M33-2です。
助言お願いします。
[ 2009/06/28 22:59 ] [ 編集 ]
mspformatとInstall iplloader on PSP MS boot sectorを
実行したら自分はできました。
[ 2009/06/29 16:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
About
必ずお読みください

ようこそ。
当ブログでは、PSP を有効に活用するための方法を紹介しています。
"わかりやすく簡単である" をモットーに運営しています。


■プロフィール
【管理人】take
【職業】学生
【所有PSP】
・PSP-1000 TA-079
・PSP-1000 TA-080
・PSP-1000 TA-086
・PSP-2000 TA-085
・PSP-3000 FW 4.20
・PSP-3000 FW 5.03
【所有PC】
・Windows vista


■ブログランキングについて
当サイトはブログランキングに参加しています。
記事が参考になりましたら、一切費用はかかりませんので、バナーをクリックしていただけるとありがたいです。記事の更新意欲と質に反映させます。

■リンクについて
当サイトはリンクフリーです。相互リンクの申請はこちらからお願いします。

■コメントについて
・質問する場合は、環境や行ったことの詳細を明記してください。
・最低限のマナーを守って書き込んでください。
・荒らし、広告、その他不快な内容を書き込まれた場合は削除・制限の対象とします。

■トラッシュバックについて
・トラックバックは無制限ですが、広告目的などの場合は削除・制限の対象とします。

■転載について
無断転載は原則禁止とします。
記事のリンクを貼ることは構いませんが、 リンクした記事の内容に間違いが含まれていたとしても責任は取れません。

■免除事項
ソニー・コンピュータエンタテインメント(株)が推奨する使用法ではありません。
当サイトに記載されている事を実行し、どんな不利益が生じようとも、一切の責任を負いません。

■備考
閲覧に使用するブラウザは Internet Exploer6.0 以上を推奨します。
その他
カスタマイズ

チート関連

ダウングレード
PC 関連
PC 初心者向け解説

Tools


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。